読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くノ一、ハタチ。

女子大生の徒然なる日々。

はじめましてな件。

 

 

どうも、はじめまして。

 

これは、読んでくださっている方に対しての「はじめまして」と、

ブログに対しての「はじめまして」のダブルミーニングです。

 

一回黙ります。

 

 

衝動的にブログをはじめました。

 

ブログをやったことも、やろうと思ったことも一度もないのですが、今日、何故か、本当に突然、衝動ではじめました。稲葉さんもビックリ。

 

自己満足のために、気の向くままに文章をしたためていきたいと思います。

 

 

少し自己紹介をば。

 

タイトルから推察していただけるように、数か月前に選挙権を得た女子です(もうすぐ選挙権は18歳からになりますが)。

 

 

都内の某私立大学に通う文系大学生です。3年生でいられるのも、もうあと半年ほどです。

 

ちなみに私は所謂"サークル"というものに所属していないため、

 

「華の1女(キラキラした1年生)」

「嫉妬の2女(1年生のキラキラ具合にジェラシーを感じてしまう2年生)」

「諦めの3女(下の学年はあまり意識しない3年生)」

 

などという肩書きを背負ったことがないですし、そのようなことを言って「超ウケるぅ!」と笑っている女子とは仲良くなれない傾向にあります。あと道端で急に大声を出す女子も苦手です。

 

 

まあ、仮に私が"サークル"に所属していたとしても「華の1女」ではなかったであろうことは自明です。

 

 

話が逸れました。

 

 

外見的には、のっぺりした顔をしています。しかし髪は金髪です

 

f:id:cadgjmptw:20150704132647j:plain

※イメージ図

 

チーク濃いめです。

 

 

顔がでかいくせにつぶらな瞳をしているので、「平安時代だったらモテてたよぉ〜!」などという嫌味をよく言われます。お前平安時代生きてたんか?

 

 

 

もうお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、私は所謂「非モテ女」であり、恋人いない歴=年齢系女子です。電車女ではありません。

 

もはや、モテないことは私のアイデンティティになりつつあります。モテないから私であると言え、モテてしまったらもう私ではないのです。

 

よくわからないことを言ってしまいました。

 

 

少しと言ったのに、だらだらと中身のない自己紹介をしてしまいましたね。

 

 

では、授業うけてきます。